<<08  2017,09/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土祭(ヒジサイ)2015「益子の原土を継ぐ」陶芸メッセ内 旧濱田庄司邸
 陶芸メッセ・益子内 旧濱田庄司邸では「益子の原土を継ぐ」ということで…

 陶芸・染織・左官・絵画・日本画の24名の作家さんたちが、
 自ら赴いて調達した3種類の原土を自らの手で創作に活かすことを試みた作品を、
 濱田庄司が母屋兼作業場として使用していた建物で展示をしています。
「益子の原土を継ぐ」




 益子で採れる原土(つち)。 益子の原土の成り立ちなども見ることが出来ますよ。
「益子の原土を継ぐ」




 登り窯では普段とは違った展示が行われていましたよ。
「益子の原土を継ぐ」




 中に入ると… 
 この日は中村曙生さんと中村かりんさんが案内役でいらっしゃって…
 入り口で旧濱田庄司邸内に響き渡るような爆笑の会話の後…(笑)
 中村曙生さんに説明していただいて作品をみることに。


 「アカメガシワノミガナルコロ」 古田和子さんの作品。
 渡り鳥のふるさとを求めて帰ってきた… そんな記憶を描いた物語を表現したそう。
 話を伺ってまた作品を見ると興味深いわ。
 大きな屏風のに描かられた色は絵の具とは違った美しさがあるわね~。
「益子の原土を継ぐ」




 藁の上に置かれた「益子原土標」は岩下宗昌さんの作品だったり…
 ここでは24人の作家さんたちの作品が見ることが出来てとても面白いわ~。
「益子の原土を継ぐ」




 「dress」  中村かりんさん。
 なかなか大きい作品で製作期間がかかったのでは?と、
 この日偶然にも会場に中村さんいらしたので聞いてみたの。
 何をどんな風に制作しようか一番時間がかかったそうで・・・
 次の女の子にドレスを着せたかったけれど、作る過程でも考えながら制作したそう。
 個人的にファンで個展にも行ったことがあるの。逢えて感激! 可愛らしくてまるで女優さんのよう~~♪
「益子の原土を継ぐ」




 かとうゆみさんが「ましこのいれもの」を製作するにあたって、
 原土そのままの色だけでなく、それを焼成する事でさらに色のバリエーションを増やしたそう。
 そのビンが窓際に並べられていたのですが、それもまたアートのようで素敵。
 そんなかとうさんの作品は…
「益子の原土を継ぐ」




     
      益子に棲む生き物達を益子で採れた様々な土を使って表現したそうで、
      建物の奥にあるお風呂場にはフクロウやイノシシがいるのですが・・・
      それを手前の部屋にいるタヌキたちをこっそりフクロウが覗いているという遊び心が。
      中村かりんさんの作品もドレスの部分の丸い部分は色も大きさも違っていたり。
      見ていてホントに楽しくなってくるわね~。
    「益子の原土を継ぐ」




 「陶印 花器」  川崎萌さん。
 とにかく美しいのひとこと。  益子の原土の調和も何もかも美しかったわ。
「益子の原土を継ぐ」




   「ひっそり虫」  加藤靖子さん。
   初めて見た時ハッとさせられた加藤さんの作品。 毎回楽しませてもらっています。
   今回は、建物の内側の引き戸にこっそりと「ひっそり虫」が! 今回も楽しませてもらいました。
        「益子の原土を継ぐ」




    「」  中村曙生さん。
    今回私たちの案内をして下さった楽しくてステキな中村さんの作品。 
    中央の布には採取した土の粉を豆汁で溶いて顔料として用いたそうでキレイだわ!
    さらに両脇の布には、同系色の土色を生かす為藍も取り入れて飾布制作も試みたそう。
        「益子の原土を継ぐ」




 「野焼陶器」 大塚誠一さん。
 光があまり強くないこの場所で、とても存在感がある野焼きの陶器たちでした。
「益子の原土を継ぐ」




 今回の土祭では、「継ぐ」というテーマの中、
 たくさんの作家さんたちの作品が集ったこの場所。  静かで穏やかな時間が流れるよう。
「益子の原土を継ぐ」

 この日作品を説明して下さった中村曙生さんがとても楽しい方で、
 時に爆笑しながら… 時に感動しながら… 
 素晴らしい作品の数々に出逢えて感激の連続でした。  有難うございました!

 原土を通してこの土地のことを知り、原土の可能性を広げながら新しい表現に挑み。
 鑑賞する側も新しい発見があってステキな展示でした。

 残念ですがすべて紹介しきれませんでしたが、素晴らしい作品ばかり。
 是非見に行ってみてはいかが?


 土祭(ヒジサイ)2015 この土地で生きる事の祭 
 開催期間 2015年9月13日[日/新月]から28日[月/満月]
 開催場所 益子町各所
 入場パスポート 500円 (期間中何回でも使用可)
 土祭(ヒジサイ)2015 HP http://hijisai.jp/ 


 「益子の原土を継ぐ」
 日 時 9月13日[日]~28日[月]毎日9:30~17:00
 会 場 陶芸メッセ・益子内 旧濱田庄司邸(城内)
 参加作家 阿久津雅土・岩下宗晶・岩見晋介・岩村吉景・大塚一弘・大塚誠一・
        加藤靖子・加藤弓・川崎萌・川尻琢也・郡司慶子・近藤康弘・庄司千晶・
        白石博一・菅谷太良・鈴木稔・中村曙生・中村かりん・萩原芳典・
        古田和子・宮沢美ち子・宮田竜司・村澤享・若杉集


 最後まで読んでいただき有り難うございました。
 ランキングに参加しています

 励みになりますので、ポチっとしていただけたら嬉しいです 
 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ
  にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

おはよう
色々とあるんですねぇ~。
売れるのってやっぱりお皿とかなのかな?
使うものだし買われてそうだよねぇ(・。・)
よしおさんへ。
おはようございます。

ここは作品の展示で売ってはいないんですよ。

こことは別に
お店屋さんで買える作家さんの器もありますよ~~。




プロフィール

こほろ

Author:こほろ
栃木県を中心に素敵お店や癒されるような風景を巡っています。
よろしくお願いします♪

お散歩には、カメラのNikonD7000を連れて出掛けています。

こほろとは…
平安時代の擬音語で、コトンとかカタンとかという生活音と聞いて… なぜかずっと心に残っていた言葉なの。
生活の中のふと聞く音のように感じて…読んでもらえたら嬉しいです♪


平成25年「とちぎフードマイスター」取得。
栃木の食文化を楽しみながら勉強しています♪
iti-c1.jpg

最 新 記 事 だ よ ♪
月別アーカイブ
カ テ ゴ リ
コメントありがとうございます♪
リ ン ク
ブログランキング
ただ今、お休み中です~♪
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 栃木県情報へ 
天 気 予 報♪

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。